読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリネズミの逃避行

とりあえず自己満な日記。思考の墓場。たまに本を読みます。

タラレバナシ

今週のお題「私のタラレバ」


はてブ機能つかうよ
こんばんはさきです。


今日の夜中に結構タラレバナシした気がするけどまあいいのだ


私のタラレバは主に進学のことですかね。


中学時代から親に
「大学に行く前提で高校を選べ」
「何がしたいか考えて大学を選べ。それが出来ないうちに高校選びをするな」
って言われてたけど結局大学選んでからも、
そして大学やめてからも「なにをしたいか」微妙にわからなかったわたしです。


やりたいことが全くないわけじゃなかったです
当時は無理矢理やらされてたエレクトーンだったけど
好きな曲を耳コピしたりオーケストラの楽譜をエレクトーン譜に編曲したりすることは好きだったし
歌うことも演じることも、まあついでに絵を描くこともw好きだったので

中学生当時は「芸術系の道に進みたい」
なんて思ってました。ぼんやり。


まあ当然反対されて普通科の進学校の特色推薦取ってしまったんだけど……

話はそれますが特色推薦ってのは
試験のある推薦入試みたいなもので
全県統一ではなく高校別に問題が作成されてて
難しさも高校の偏差値ごとにちがうんだ

でまあ、自分で言うのもあれだけど
田舎の公立中学生にしては勉強はできる方だったんだ
ていうか当時の公立の中学教育にたまたま
私の要領の悪い勉強法でついていけただけなんだけど

親に反対された結果、親に勧められた
特色推薦で県下で2番目ぐらいに(当時)頭良かった高校に進学したんだ
割と奇跡的に(笑)

そこで演劇部に入ってやっぱやるなら演劇がいいなって思って

……で結局大学進学の選択も芸術系が許されなくて折れて今に至る(‘ω’)
大学行くのも自分の金じゃないしね。

あれでさ、もし自分の意見を曲げなくて
芸術系(多分演劇)の道に進もうとしてたら
……いったいどうなってたんだろう


高校時代の演劇部つながりの後輩達が
演劇の道に進んでるのを見て
いいなぁって思ったり
私もそうしたかったなぁとか
もしその道に進んでたら
もっと自分の演技スキルが上がったんだろうなあとか
おもった


でも、私の今住んでるところの劇団の方から
おしえてもらったことはそれはそれで大切なことで
自分のことをちゃんと見つめることも出来た
演劇がただ楽しいだけのものでないって
しんどいことも多いって知ることも出来た
たくさん知り合いも増えた
死にたくないって思えるようになった

そう思ったら
このタラレバはきっと考えてもしょうがないことで
演劇やりたいなら今からでもまだ松本でやれる……と
考えたよ

知識が浅すぎて今は少し距離を置いてるけど
いつかまた演劇やりたいよ。




そんなこんなで特にタラレバしてなかったけど終わり
東京タラレバ娘、1巻で心折られて読んでません


あでぃおす。