読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリネズミの逃避行

とりあえず自己満な日記。思考の墓場。たまに本を読みます。

あれこれ

考えごと

こんばんは
さきです

特になんかあったわけじゃないけど
考えをまとめる場として今日はグダグダ発散しましょ

なので結構わけわかんないこと書きます
私サイドの感情なので、事実と異なる場合もあります
例によって無理な人はUターン





さて

私は文句がおおい
大抵「人があれしてくれない、これしてくれない」というもので
その「人」ってのはバイトの同僚だったり家族だったり恋人だったり色々。
友達のことは特に言いません。
イヤだなと思う友達(?)とはだいたい疎遠になってるし。

自分がそんなこと言える立場の人間かと言うとそうじゃない。
グダグダあれこれ文句言うだけで、
自分は変わろうとしないので。

そういう文句を言う相手がいつも決まって恋人だった。
変化を拒む私は自分の正当性を主張し、彼に同調を求めた。

これに苦言を呈してくれる彼は今までに1人いただけ。
その人とも色々あって別れたけど。

誰かと付き合うと私は甘ったれるところがある。
相手が自分を好きだという事実に胡座をかいて
あれやこれや文句ばっか言って同調圧力をかける。
わかってくれないならいいよ! などと怒ることすらある。

我ながら書いててくそだと思う。

自分は文句言って動かずに周りの変化に期待して、
自分の手の届く範囲に全てが落ち着かなければイヤだ……
なんて感じの人はすごく嫌いなのだけれど、
私が実のところそういう人間なんだなということに
最近嫌でも気付かされた。

悲劇のヒロインぶった人間を死ぬほど嫌うくせに
自分の少しうまくいかないことは壮大に悲劇ぶる。
実のところそういう人間だった。

結構嫌気がさして、文句ばっかいう媒体の一つである
Twitterのメイン垢をしばらく使わないことにしようと思った。
多忙……ということにして。
実際のところ暇なんだけどね

もう少し、ましな人間になれたらいいな、
と思っているだけのうちはなにもできない。
少しずつ外の世界に触れていこうと思っている。
前の彼しかいなかった私の世界をもう少し広げてみたい。

キレイめにまとめる気は無いが、色々な面で自分の足で立てない人間が自立するには「とにかく頑張る」しかないのです。



別の話。
最近、少しだけ気になっている人がいた。
大体3日ぐらい前の話。

劇場型の恋愛を終えて傷付いた女に言い寄ってくるハイエナみたいな男は、
女の顔や性格のレベルを問わず一定数いる……と実感したが、
言ってしまえばその一定数いた人の中のひとりだ。多分。

実際どうかはわからないけど、そうだと思うことにしないとやりきれない。
言動にわからないことが多すぎて、そうだと思わないとただ振り回されてしまう気がして怖いのだ。

別れた直後に一人に戻れないで次の恋愛に走るのは
私の中ですごく嫌なことだった。
でも気になってる以上は気に入られたい。
そんな変な感情が入り混じってだいぶ挙動不審だった。

なんやかんやそれっぽい素振りを見せてしまっては焦り、相手に悟られかけると誤魔化し、素直になれずに意図的に傷付けた。

相手にとっては都合の良さそうな女のひとりでしかないから、
ほかに都合のいい女でも見つけたのだろう、
というかそんな面倒な女は御免だったのだろう。
私でもこんな面倒な動きする奴、
仮に気になってても嫌だし。
連絡はぱたっと止んだ。

多少なりとも気にはなっていたので
少しだけ、今も寂しい。

ただ、それは前の人の穴を埋めてほしいだけなのだと思う。
それってすごく失礼だと思う。
だから私は、そうやって突き放して(突き放されて)よかったんだろうな、などとも思ってしまった。

一人になって、寂しさに耐えて、少し強くなって……その時にいい人がいれば。
自分が頑張ってみればいいのかな なんて思うのでした。


自尊心は低いくせにプライドは高い
そんな自分が今のところ嫌いだ。

そんなんだから、気になってる人が振り向いたその好意を気持ち悪いと思ってしまうのだろうけど、
だいぶ失礼だと自覚した方がいい。




はースッキリしねえ
一言でまとめるのは苦手だから、
Twitterに論理の破綻した長文羅列するぐらいなら、
ここに吐き出して数日後に整理して、
うまくアウトプットできるようにしていけばいい
と思って書いた。

けどなんかモヤモヤする。

この気持ちはなんだろう ってやつですね。

おわり。あでぃおす