読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリネズミの逃避行

とりあえず自己満な日記。思考の墓場。たまに本を読みます。

あれこれ。②

どうもこんばんはさきです

 

今日は三連休最終日でした

明日からまたお仕事お仕事~

 

 

あれこれ②というわけでまた前回の「あれこれ」みたいな感情の墓場記事です

見てイヤな気分になっても責任取れねえので

前回の読んで後悔した人は回れ右するんだぞ

先に言いましたからね!!!!

 

 

 

 

 

 

 

人と喋るのは難しいですっていうコミュ障の話

 

言葉を選ぶって大事なことだなあってやっぱりつくづく思うんですけど

「相手がこう思ってたら嫌だから」って思って気を遣ってるふりをして言ってる言葉って

大抵自衛のための言葉だってまるわかりなんですよね

相手には気を遣ってるのではなくて遠回しな断り文句にしか聞こえない。

されたこともしたこともあるのですけど

 

そりゃまあ聞き手によって抱く印象は様々でしょうけど

気を遣って「イヤだったらいいですよ」って言ってる言葉は

裏返せば「私はイヤです」と同義に受け取られても仕方ないというか

よっぽど「この人はこういう人だ」って知ってないと思ったとおりに伝わらない

そんな気がしました

 

でもそういうこと言ってしまう私は

人との距離感測るの下手くそすぎるから

距離を取りまくるか急接近しすぎて引かれるか

どっちかだったりもする

むずかしいね人付き合いってさ

 

多分、こう難しく考えないで

「私はあなたとこういうことがしたい!」

って言えるのが1番いいんだろうなあ

卑屈じゃないし拒絶の意と取られることもないし

相手が仮に嫌だったとしても自分の感情はまっすぐ伝わるわけだし

素直な人のほうがまず魅力的だもんな

 

あなたに興味がありますよ、という姿勢が素直に示せる人は

素直に羨ましいなあ

 

遠回しにこんなところで吐き出してるか婉曲に伝えるしか出来ないなんて

せつないもんなあ

 

 

 

 

はい

こんなの書くのに時間取っちゃった私って…ばか…

 

明日も頑張ろう

 

あでぃおす

お買い物日和でした

どうもさきです

お買い物日和とかいうほどいい天気じゃなかったし
雪の降ってない時間見てぱぱっと行ってきただけなんだけど
お買い物日和でしたってことにします


前回「靴買うどー!」とか言ったくせに
翌日寒くて動けませんでした
というわけで今日行ってきました


イェエエエイ

f:id:xiaoji6713:20170121161442j:plain

初めて写真添付したわ
失敗してるけど大目に見てください

かわいい! と思って買ったんだけど
滑り止めついてるけどなんか心もとない気がする

近所に二箇所あるABCマート
比較的うちに近い方で買ったんだけど
もう片方も見ればよかったかな……(´ー`)

いや、でもかわいいからいいんだ
これからよろしくね!

普段あまり服装に気を遣わないのに
ちょっとオシャンな靴を選んでしまったので
ガンガン履くことはないだろうけどw



そしてそして
自宅のフローリングが冷たすぎて冷え性に拍車がかかるので
スリッパも買いました~~~~


イェエエエエエイ

f:id:xiaoji6713:20170121161909j:plain

こちらは雑貨屋さんで購入
このキャラクター、見る度に気になってたんで即決でした

かわいいしモフモフであったかいです
夏用スリッパはまあその時欲しかったら買おう()



個人的に、靴屋と雑貨屋は
特に買うものがなくてもずっといられる場所です

靴が結構好きだからかな
ブランドとか特にわからないけど
素敵なデザインの靴は見てて飽きないし

可愛いもの見てるだけで癒されるので
雑貨屋さんも見てて飽きません
欲しくなるけどちゃんと考えれば必要じゃないから買わない……ってスタイルでいれば散財もしないしね!

しかしその、雑貨屋さんに置いてある服って
なんであんな可愛いんでしょうね



ついでに晩御飯の買い物もしてきました

今日はもやし鍋
明日はカレー

たのしみ⊂( ˆoˆ )⊃



そういうわけで
世間じゃキンコン西野氏や狩野氏が炎上してますが
ブログネタにして炎上すると怖いチキンなので
何も書かないことにします(笑)

プペルは純粋に気になるんで読みたいですね


そいじゃああでぃおす⊂( ˆoˆ )⊃

おしごとたのしい(白目)

こんばんは。さきです。

 

Twitterメインアカウントをログアウトしたら、

1日にあったこと色々まとめたくなってブログ更新が捗るような気がしました。

ちなみに今日は特にこれといって何もありませんでした。

 

さきほど「3日ぐらい前に連絡切られた人」と西友で出くわしまして

色々と上から目線であれこれ生活のアドバイス(別に役に立たない)をいただきまして

思ったことが

 

「私なんでこんなやつのこと気になってたのかな…」

 

でした

 

 

今日で今週のおしごとは最終日でした。次は来週の火曜日。

普段は土日出勤なんですけど

今週の日曜日はどうも本部のお偉いさんが来るらしく

新人の私がアタフタしてると目をつけられかねないということでお休みになりましたw

土曜日は元々休みの予定だったのに「出れる?」って聞かれたので

別にないけど予定を入れたことにしました(笑)

だれか遊んで。(ぼっち)

 

 

そんで、仕事自体は暇なはずだったんですが

今日いきなり営業さんから仕事を振られまして

 

「さきさんエクセルでチラシ作れるよね? 納期28日でよろしく!」

 

…いやいやいやいやいやいやいやいやいやむりですよ

次の出勤火曜日だよ???!!!!!

エクセルでチラシなんか作ったことねえよ

イラレかフォトショをくれよ

それでも1ヶ月かかるよ

それすら最後に使ったの3年ぐらい前だよ

いやいやいや

 

どうやらどこかに張り出すとか新聞の折込になるとか

そういうガチなやつじゃなく掲示板用だったので、

………それでも難易度高めだけど、

ゆるっとラフなやつをつくってみようかな…などと思うのでした。

 

エクセルで作れる自信ないけどね。

それにしても納期。

 

 

 

 

さてさて

明日は靴を買いに行きます。

私が唯一持ってる滑り止め仕様の靴がぶっ壊れたので。

冬場毎日のようにはいて2年半。見事に靴底が剥がれました。

こっちに引っ越してきてからの冬の相棒だったんでちょっと残念。

 

昨日はGUでお安くなってたマフラーを手に入れたし

そこそこ散財してる気がするので

靴買ったら今月残りは一日あたり1000円オーバーの出費をしないことを目標に生きていこうとおもう。

がんばろー。

 

掛け持ちのバイトも探さなきゃ

 

 

 

まとまってないけどまあとりあえず気が済んだから終わり。

あでぃおす

あれこれ

こんばんは
さきです

特になんかあったわけじゃないけど
考えをまとめる場として今日はグダグダ発散しましょ

なので結構わけわかんないこと書きます
私サイドの感情なので、事実と異なる場合もあります
例によって無理な人はUターン





さて

私は文句がおおい
大抵「人があれしてくれない、これしてくれない」というもので
その「人」ってのはバイトの同僚だったり家族だったり恋人だったり色々。
友達のことは特に言いません。
イヤだなと思う友達(?)とはだいたい疎遠になってるし。

自分がそんなこと言える立場の人間かと言うとそうじゃない。
グダグダあれこれ文句言うだけで、
自分は変わろうとしないので。

そういう文句を言う相手がいつも決まって恋人だった。
変化を拒む私は自分の正当性を主張し、彼に同調を求めた。

これに苦言を呈してくれる彼は今までに1人いただけ。
その人とも色々あって別れたけど。

誰かと付き合うと私は甘ったれるところがある。
相手が自分を好きだという事実に胡座をかいて
あれやこれや文句ばっか言って同調圧力をかける。
わかってくれないならいいよ! などと怒ることすらある。

我ながら書いててくそだと思う。

自分は文句言って動かずに周りの変化に期待して、
自分の手の届く範囲に全てが落ち着かなければイヤだ……
なんて感じの人はすごく嫌いなのだけれど、
私が実のところそういう人間なんだなということに
最近嫌でも気付かされた。

悲劇のヒロインぶった人間を死ぬほど嫌うくせに
自分の少しうまくいかないことは壮大に悲劇ぶる。
実のところそういう人間だった。

結構嫌気がさして、文句ばっかいう媒体の一つである
Twitterのメイン垢をしばらく使わないことにしようと思った。
多忙……ということにして。
実際のところ暇なんだけどね

もう少し、ましな人間になれたらいいな、
と思っているだけのうちはなにもできない。
少しずつ外の世界に触れていこうと思っている。
前の彼しかいなかった私の世界をもう少し広げてみたい。

キレイめにまとめる気は無いが、色々な面で自分の足で立てない人間が自立するには「とにかく頑張る」しかないのです。



別の話。
最近、少しだけ気になっている人がいた。
大体3日ぐらい前の話。

劇場型の恋愛を終えて傷付いた女に言い寄ってくるハイエナみたいな男は、
女の顔や性格のレベルを問わず一定数いる……と実感したが、
言ってしまえばその一定数いた人の中のひとりだ。多分。

実際どうかはわからないけど、そうだと思うことにしないとやりきれない。
言動にわからないことが多すぎて、そうだと思わないとただ振り回されてしまう気がして怖いのだ。

別れた直後に一人に戻れないで次の恋愛に走るのは
私の中ですごく嫌なことだった。
でも気になってる以上は気に入られたい。
そんな変な感情が入り混じってだいぶ挙動不審だった。

なんやかんやそれっぽい素振りを見せてしまっては焦り、相手に悟られかけると誤魔化し、素直になれずに意図的に傷付けた。

相手にとっては都合の良さそうな女のひとりでしかないから、
ほかに都合のいい女でも見つけたのだろう、
というかそんな面倒な女は御免だったのだろう。
私でもこんな面倒な動きする奴、
仮に気になってても嫌だし。
連絡はぱたっと止んだ。

多少なりとも気にはなっていたので
少しだけ、今も寂しい。

ただ、それは前の人の穴を埋めてほしいだけなのだと思う。
それってすごく失礼だと思う。
だから私は、そうやって突き放して(突き放されて)よかったんだろうな、などとも思ってしまった。

一人になって、寂しさに耐えて、少し強くなって……その時にいい人がいれば。
自分が頑張ってみればいいのかな なんて思うのでした。


自尊心は低いくせにプライドは高い
そんな自分が今のところ嫌いだ。

そんなんだから、気になってる人が振り向いたその好意を気持ち悪いと思ってしまうのだろうけど、
だいぶ失礼だと自覚した方がいい。




はースッキリしねえ
一言でまとめるのは苦手だから、
Twitterに論理の破綻した長文羅列するぐらいなら、
ここに吐き出して数日後に整理して、
うまくアウトプットできるようにしていけばいい
と思って書いた。

けどなんかモヤモヤする。

この気持ちはなんだろう ってやつですね。

おわり。あでぃおす

初出勤おわりました

どーもさきですこんばんは。

昔に比べて更新してる気がするけど気がするだけ。

いつまで続くやら頑張って続けるぞ

 

最近、彼氏と別れました。元彼になりました。

割と長続きしたのと外面が良すぎたのがあって

別れた瞬間色んな人に質問攻めにあったけど、

どこから語りだせばいいかわからないぐらい色々あったので

「疲れたから」なんていうクソみてえな理由で押し通しています。

でも出会ってくれたことには感謝してるんだよ。

友達増えたし。

 

いい思い出にはまだなってくれないけど前向いて進んでいきたいかなって思ったりする。

たまに思い出して泣いちゃうけどまあ…そんなもんでしょ!

1年も一緒にいたんだもんね。

 

そっかあ 長いね

どうりで思い出たくさんだ

 

 

さて

仕事始まりました(またもや前職は長続きしませんでした)

建築系の資格学校みたいな感じのとこの事務やってます。

 

そこの先輩が塾バイト時代の生徒(担当ではない)の親でかなりびびったけど

共通の話題がある人でよかった。今回は長続きしそうです。

結構たくさん世間話しました。

 

仕事自体は暇です。

これからは多くて週4出勤(しかも土日出勤)になるっぽくて

つまり週休3日以上ってことになり

収入に不安があるからバイト掛け持ちすることにしました。

掛け持ち候補として応募した某弁当屋は隣町まで飛ばされることが確定したので辞退しました。足がない。

うーん居酒屋でもいいかなあ………トラウマだけど

 

仕事中あまりにも暇な時、好きな勉強やってていいよ~と言われたので

いま勉強してる漢検準1級でも頑張ろうかなと思ってるんですが

それが終わってから、宅建でも取ってみようかな?

と考えてます。

職場で宅建取り扱ってるので、生徒さんがやってることが少しでもわかれば

多分仕事も楽しくなるんだろうなって思うから。

はいそこ建前とか言わない

 

目標決めて自分を追い込まないと仕事続かない人間(クズぅ)なのだけれど

流石にこれ以上仕事コロコロ変えるわけにもいかないし

ちょっくら頑張ってみようと思います。

まあ、先にさっさと漢検受けろって話なんでまずはそっちから。

 

 

あ。銀河鉄道の夜。読み始めました。

某舞台で聞いた台詞の話し手が、私が舞台を見て解釈したものと原作では違ってて

結構テンパってますが、あの舞台もう一度やってくれたりしないんだろうか…。

台本探してト書きでも読めばいいのかな。

 

そんな感じで

別に何も内容のない更新でした

いいよね、日記つけるの大事。

ほぼ日とか言ってるけど全然ほぼ日じゃないけどいいよね。いいや。

 

そういうわけであでぃおす

「よだかの星」読了

こんにちはさきです。

ほぼ日ってなんだっけ、と何回書いてるかわかりませんけど…ほぼ日ってなんだっけ。

 

前回の記事で宮沢賢治読んでると言いましたが

ようやく銀河鉄道の夜いっこ前の作品まで読みました。

 

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

Amazon CAPTCHA

 

宮沢賢治は結構独特な表現方法が多いなあというイメージがあり

(小学校の国語の授業で出てきた「やまなし」の影響です)

どうしても読むのをためらってたのですが、

某演劇祭でお手伝いをした劇団の演目が銀河鉄道の夜をモチーフにした作品で

感動のあまりボロッボロに泣いたので本作を手に取ってみた…と言った次第です。

いやぁ勢いってすごい

 

そんでですね、割と短編集みたいな感じで短い作品がいっぱい収録されてるんですけど

その中からタイトルになってる「よだかの星(有名どころですが)について書いてみようと思い立ちました(笑)

 

恥ずかしながら初めて読みました。

粗筋は省きます。自分で読んでみてください。

ちなみによだか(夜鷹)は醜い鳥で、鷹という名前だけど鷹ではなく、それ故特に鷹に嫌われてます。

 

あと此処から先はいつもながら個人の感想なので受け流す感じでお願いします

 

なんとなくですが、この本の作品全般を通して言えそうなことなんですけど

宮沢賢治は教訓ぽいことは書かないなあって思いました。

宇宙や星や生き物なんかの自然をテーマにしてるイメージも持ちました。

全部がそうじゃないかもしれないですけどね。宮沢賢治初心者だからわかんない。笑

よだかの星もそんな感じでした

 

見た目が良くないから現世で受け入れられなくて、星になろうと思って星座に頼みに行ってみればそこでも拒否されて、よだかの生きる場所はどこにもなくて、

必死で飛んで力尽きて燃えて死んで、目覚めたら自分が星になって燃えていた。

なんだか文章の勢いと力強さに感情を結構持ってかれちゃった。

読んでて悲しいんだか感動したんだかよくわからない感情を抱きました。

 

鷹に「改名しないなら殺す」とまで脅されて改名じゃなく別の場所にいなくなるという選択をよだかはしたわけですけど。

いなくならないでと言った唯一気の置けない兄弟だったカワセミの声も届かなかった。

よだかはもう疲弊しきってて、そういう選択肢を取らざるを得なかったのかなとか思ったりもしました。

自分は虫を食べながら、今まで沢山の命を勝手に奪い取っていたのに、自分は命を惜しんで逃げているという矛盾によだかが気付いたところは裏テーマなのかな?

とか勝手に思いました。

 

そんで、ちょっと気になってよだかの星の隣にあるカシオペア座を調べてみました。

変なところで調べもの好きなのね。どうなのさ日向。

 

季節にかかわらず北に見える星座がカシオペア座でした。

そういえば高校地学でそんなことを習ったような習わなかったような。

天球の話がちょっとややこしすぎて勉強頑張らなかったから覚えてないです(笑)

大学時代天文部だったのにね。笑

その近くにある「チコの星」っていう超新星よだかの星のモチーフなんだそうです

そうか、超新星だから「輝いてる」じゃなくて「燃えている」って表現にしたのかな?

とか勝手に納得しました(笑)

 

なんだか私の思慮の浅さでは、到底考察できない作品を選んでしまったような気はしますが

あんまり長くないし、やまなしほど読みにくい作品じゃないから、読んでみてほしいなあとか思っちゃったので紹介がてら感想を書きました。(笑)

 

そんな感じ。

 

余談ですけど伊東歌詞太郎さんの「よだかの星」って曲。

タイトルのまんま宮沢賢治よだかの星がモチーフになってて

聴いてて宮沢賢治よだかの星の文章が頭に浮かんだりします。

いい歌だなあ。

www.youtube.com

 

 

とりあえず今日はここまで!

銀河鉄道の夜まで読み終わったらまた書くかもしれないし

書かないかもしれない(笑)

 

というわけであでぃおす!

「語彙力こそが教養である」読みました

どうもさきです。

ほぼ日ってなんだっけ。

 

お久しぶりすぎるのですが読んだ本の感想メモを書いておきたくて更新しました

 

今回読み終わったやつはこちら

 

 

「語彙力こそが教養である」角川新書

齋藤孝

Amazon CAPTCHA

 

 

此処から先は個人の感想でしかないので、

「ん?」と思われてもスルーでお願いしますね

 

 

読みはじめは、と言うか本紹介の項ぐらいまでは、

「なるほどすごい! メッチャ本読みたい!」という感覚がすごい湧いてきます。

そして自分の語彙力のなさに結構ゲンナリできます。

学習意欲(読書欲)を高められるいい本に出会ったな、と思えます。

 

ただ、ざっくりと本の内容をまとめると

・語彙を高めると教養があるって周りから思われるよ!
・身につけるには、本(特にロシア文学)を読もうな!
・声に出して読もうな!

ということぐらいしか書いてない。あと敬語の使い方と本紹介。

正直、こんな長ったらしく書かんでもよくない? と思えちゃう。

実際統計を取ったわけでもないっぽいし。

 

ついでに、語彙力がある人がモテるべき発言、あれちょっとガッカリしました。

確かに知識が豊富な人はモテて然るべきだとおもうけど。それだけで人を測るのは違うでしょー。

なんて思っちゃったりして。

ブログでやってろ! って思っちゃう内容だった気もせんでもないです。うん。

 

…ボロカス言ってますが、

「自分は語彙力がなさすぎることは確かだからちゃんと本を読もう」

っていう気分にはなれます。

実際、読了後に銀河鉄道の夜とか買っちゃったりして、今読んでます。

宮沢賢治の表現方法って独特で面白いですね。

その感想はおいおい書くとして。

 

話を戻します。

この本を読んでて「なるほど!」と思った箇所があって

『知識をひけらかされていると思うのは、自分がそのことについて知らない証拠。非難する前に自分の知識のなさを反省する人のほうが豊かな人生を手に入れられる』

これ、頭よさげな言葉の選び方をする人に「知識ひけらかしてんじゃねえよ!」って思ってしまう自分がいるので、肝に銘じます。

 

色々肯定的にも批判的にも色々な感想を抱く本だったし、

内容がないといえばあまりないかもしれませんけど、

普段本を読まない人が「本を読みたいなあ」って思うきっかけになる…なりそうな…

そんな感じの本で、新書初心者の私にとってはとても読みやすい本でした。

 

おわり!

 

宮沢賢治の作品読んだらまた書くかもしれない。

それまで放置か更新するかはだれにもわからない…。

 

 

夏目漱石全集とかほしいさきでした。