読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリネズミの逃避行

とりあえず自己満な日記。思考の墓場。たまに本を読みます。

あれこれ④

考えごと

どうもさきですご無沙汰です風邪を引きました。

最近寝不足と不摂生が重なってたからなあ
毎年クリスマスとバレンタインのタイミングで風邪引いてるし
私はプロのソロ充です
世間の波に逆らってやるぜ

もうめんどくさいからわざわざ改行で埋めませんよ
タイトルで察しろ

お前とかてめえとか書いてあるけど人の話じゃないよ。
自分のこと。



暇というものは人を食い潰しますね
と最近本当に思う

暇だから考えなくていいことを考えて
暇だから答えの出ないことを考えてぐるぐる回って
正直悩みたくないのにいつまでも悩んでるのって
悩みたいから悩んでるんじゃねえのって思うぐらい
暇すぎて余計な事考える以外にすることないのかな

考えることを放棄した人間はそりゃまあクズですけどね
考えたってどうしようもないまたは自分の手に負えないことをいつまでもいつまでもぐるぐると永遠に悩んでたって
飯は不味いわ寝付きは悪くなるわ作業効率は下がるわ
いいことないと思うんですよね!

暇だから悩みたいから悩んでるのかお前?
って思う

悩むなら寝ろ
寝れないならもう少し有意義な時間の使い方をしろ
って話ですよね

考えてもどうしようもないことを考えるのは楽しいけど
それをいつまでもやってるのは時間の無駄だ
自分の浅い思考であれこれ悩むよりいろんな本を読んでいろんな知識をつけて
それを自分の糧にする方がよっぽど有意義で、そういう悩み事をするときの思考の幅を持たせることにもなるんだから

……と最近思います!
だからムカついたら本を読んでる
頭が痛くなったら寝てる
そうして「暇すぎて考え事をする」ということを段々減らして
自分のメンタルがしんどくないように持っていこうとしてる

わたしは、それを思考の放棄だとは思わないし
それで自分が少しでも楽になるならそれでいいと思ってる

本を読む生活は楽しいです。
あまり自分のものにはできてないけどね。

そんな感じだ


さーて。
明日出勤なんだけどバレンタインのチョコ作って持っていく?
風邪だからただのバイオテロになりかねないんですけど

まあそんな感じだ
あでぃおす。

タラレバナシ

今週のお題「私のタラレバ」


はてブ機能つかうよ
こんばんはさきです。


今日の夜中に結構タラレバナシした気がするけどまあいいのだ


私のタラレバは主に進学のことですかね。


中学時代から親に
「大学に行く前提で高校を選べ」
「何がしたいか考えて大学を選べ。それが出来ないうちに高校選びをするな」
って言われてたけど結局大学選んでからも、
そして大学やめてからも「なにをしたいか」微妙にわからなかったわたしです。


やりたいことが全くないわけじゃなかったです
当時は無理矢理やらされてたエレクトーンだったけど
好きな曲を耳コピしたりオーケストラの楽譜をエレクトーン譜に編曲したりすることは好きだったし
歌うことも演じることも、まあついでに絵を描くこともw好きだったので

中学生当時は「芸術系の道に進みたい」
なんて思ってました。ぼんやり。


まあ当然反対されて普通科の進学校の特色推薦取ってしまったんだけど……

話はそれますが特色推薦ってのは
試験のある推薦入試みたいなもので
全県統一ではなく高校別に問題が作成されてて
難しさも高校の偏差値ごとにちがうんだ

でまあ、自分で言うのもあれだけど
田舎の公立中学生にしては勉強はできる方だったんだ
ていうか当時の公立の中学教育にたまたま
私の要領の悪い勉強法でついていけただけなんだけど

親に反対された結果、親に勧められた
特色推薦で県下で2番目ぐらいに(当時)頭良かった高校に進学したんだ
割と奇跡的に(笑)

そこで演劇部に入ってやっぱやるなら演劇がいいなって思って

……で結局大学進学の選択も芸術系が許されなくて折れて今に至る(‘ω’)
大学行くのも自分の金じゃないしね。

あれでさ、もし自分の意見を曲げなくて
芸術系(多分演劇)の道に進もうとしてたら
……いったいどうなってたんだろう


高校時代の演劇部つながりの後輩達が
演劇の道に進んでるのを見て
いいなぁって思ったり
私もそうしたかったなぁとか
もしその道に進んでたら
もっと自分の演技スキルが上がったんだろうなあとか
おもった


でも、私の今住んでるところの劇団の方から
おしえてもらったことはそれはそれで大切なことで
自分のことをちゃんと見つめることも出来た
演劇がただ楽しいだけのものでないって
しんどいことも多いって知ることも出来た
たくさん知り合いも増えた
死にたくないって思えるようになった

そう思ったら
このタラレバはきっと考えてもしょうがないことで
演劇やりたいなら今からでもまだ松本でやれる……と
考えたよ

知識が浅すぎて今は少し距離を置いてるけど
いつかまた演劇やりたいよ。




そんなこんなで特にタラレバしてなかったけど終わり
東京タラレバ娘、1巻で心折られて読んでません


あでぃおす。

あれこれ③

考えごと

こんばんはさきです。
寝れん。

寝れんついでに近況ついでに最近思ってることをば。
いつものごとく思考の墓場なので、
先に言っておきます。無理な人はスルーして。






















さて
彼氏と別れてからもうすぐ一ヶ月経つみたい

早かったような、遠い昔のような、
そんな気がする

まだ吹っ切れたとは言いがたくて
不意に思い出して辛くなったり
一年間でさんざん受けた傷を癒そうとして
いろんなところで毒を吐いてしまったり
全然吹っ切れてないなあ

もらったものや返しそびれたものが
うちにはまだたくさんあって
フワッと香る残り香が気になってしまったりして
たまにまだ、泣いている

決していい恋愛じゃなかったし
お互いに未熟だったし
私なんか付き合い始めは自殺願望なんてものまで抱いていたし(!)
でも、一年間一緒にいたことは事実で
嫌なことの方が上回ってしまったとはいえ
楽しかったこともたくさんたくさんあって
まだ思い出として割り切ることが出来なくて
たまにどうしようもなくつらい

でももう連絡を取る気も、寄りを戻す気もないことは
これだけは自分の中で決めたこと
意地じゃなく、本心から
もう付き合えない、と思っている


当時なんでそんな精神状態であの人と付き合ったんだろう
ってさっきふと思ってしまって


死にたかったことは事実
なんにもしたくなくて、なにかが嫌だとかそんな感情もなかったのも事実
でも、ゲーセンにいってたことも事実
行動と思考の辻褄が全然合ってなかった

そんな中であの人に声をかけられて
色々話をしてるうちに
「私はそういえばこのアーティストが好きだったなあ」とか
「この人の話は面白いなあ」とか
たくさんたくさん思えるようになって

初めて告白をされて

その時、多分生まれて初めて
自分の考えてること、しんどかったこと、
楽しかったこと、そのた自分のことなどなど
言葉足らずでもなんでも全部全部ぶちまけた
あの人は最後までなんも言わず聞いてくれて

私は多分それがすごく嬉しくて
一緒にいたいなって思ったんだと思う

少なくとも「死にたい」と思う回数は徐々に減った


私は自己評価が「(周りからすれば)有り得ないレベル」で低い

なので
無条件に愛してくれる元彼の存在は
嬉しくもあり逆にしんどくもあった
「こんな私を真剣に愛するなんてありえない」
と思ってしまって拒絶しがちだったりする
それをずっと元彼にしていた気がする

甘ったれるくせに、向き合ってくれるとそっぽを向いて
でもでもどうせどうせって自分の殻に引きこもった
それをし続けられればどんな真人間だって疲れちゃうよね

元彼は変なこだわりが強かったり
自分の考えを絶対曲げなかったり
付き合った当初思ってたよりあんまり真人間ではなかったんだけど

それでもあの人がだんだん疲れて私への対応が段々DVじみてきて、二人とも思ってることを伝えられなくなったのは
私がそうやって甘えたせいなんだろうな
って今でも思ってる


本当はぶちまけて嫌って欲しかったのかもしれないし
構って欲しかったのかもしれないし
行動の辻褄が合わないのはもう今となっちゃ自分でもよくわからないけど
それでも死にたいとは思わなくなったのは元彼のおかげで
彼をあんなに苦しめたのはわたしで

もう連絡を取る気も寄りを戻す気もないけど
ごめんねとありがとうは今もずっと思ってるし
これからもずっと思ってるんだろうなあ

重いだけのメンヘラかもしれないし
都合よく美談に仕立て上げようとしてるのかもしれないけど
本当に一年間ありがとう、ごめんねって
思ってる




そうやって自分がまだ吹っ切れないうちに
最近元彼との共通の知り合いに
好意を伝えられたのだけど


やっぱり自己評価の低さが影響して素直に受け取れない自分がいて
元彼のことを不意に思い出して辛い自分が
そのぽっかり空いた穴の埋め合わせにその人を使いそうで
大変失礼なので、吹っ切れるまでは待って
と伝えています


正直友達のままでいたいんだけどね


自己評価が低すぎるから、
真っ直ぐにぶつけられる好意から目をそらしがちで
だから自分を雑に扱ってくる人の
気まぐれ程度の優しさに酔いしれて
その甘言に絆されて
正解を見誤ることが多いんだろうなあ


きっと、こういう話をすれば
ちゃんと聞いてくれる人なんだろうなってわかってる
いきなり重すぎる話だとはいえ
受け止めようとはしてくれるんだと思う

けど、私の心の問題で、
前の人と同じことを繰り返しそうで
なかなか前を向けない


いやだなあ







そんなかんじ


夜ってダメだね




寝る努力をします。おやすみ。

ドストエフスキー作品を大人買いした話

読書

こんばんはさきです

銀河鉄道の夜の感想は諦めました

こんな学のない語彙もないポンコツが感想を書くにはまだ早すぎる…!!!!!

そんな作品だった

 

というわけでしばらくは読んだ報告しかしなくなるかもしれません(笑)

 

どうも読んだものを自分の中に落とし込んで考えるのが苦手で

既存のものに対して「へぇそういうものなんだな」って感想しか抱けなくて

よっぽど実践してうまく行かなくてわからない! むかつく! ってならないと

私は何らかの感想や疑問を抱かないようなのです…

 

せっかく本読むの好きでもこれじゃ意味ねえな

 

 

さて

そういう話は置いといて

ドストエフスキー作品がなんと近所のブックオフに安売りで置いてあった! 

読みたかったんだ! 感動!

みたいな話を書いたような書いてないような気がします

 

f:id:xiaoji6713:20170203202410j:plain

 

でん。

 

全部中古で一冊100円ぐらい? トータル600円ちょいでした

このお金出しても「罪と罰」の片方すら正規のお値段では買えないので

割とお得だった気がする

 

初めに「虐げられた人々」から読んで見てるのですがまだ初めの数ページです

なんとなくドストエフスキーの評価やロシア文学へのイメージから

絶対この本はむずかしいと構えていましたが

そんなことなかった! 

ただハマっちゃうとついどんどん先が気になって

必要以上に流し読みしてしまうことがあるので

それだけ気を付けたいんだなあ

 

 

昨日は久々に女子会して

飲みすぎて死んでて更新出来なくて

結局この時間に起きたわけだけど

今日は今日で出勤日だし

しかも初めての「社内一人ぼっちday」なんだよね…

心配だからって店長が様子見に来る可能性高いらしいけど

むしろ社内一人ぼっちdayは経験しておきたいなと

思っている今日このごろ。


電話対応も慣れておきたいしね!




そういうわけでもう一眠りしよう

おやすみ

あでぃおす

牧場主はじめました

 

こんばんはさきです

 

最近牧場主はじめました。

はい。牧場物語やってます。

 

「3つの里の~」リリース前? なのかな?

よく調べてませんが新作が出るみたいですね

 

今やってるのは「つながる新天地」です

2014年発売の3DSソフトのです

 

2ヶ月ぐらい前に友人と「キミと育つ島」が面白かった、牧場物語いいよね…

みたいな話をしてて、友人が中古で200円でゲットしやがったので

触発されて自分のキミ島を引っ張り出してきたはいいのですが

古いソフトだったからかバグによってお亡くなりになられ…

 

結構ショックでした

 

そのときに昔買って一度もプレイせずほったらかしてた新天地を発見したので

今プレイしてる…というわけです

 

キミ島に出てくるシスターさんと結婚したくて男主人公を選んだのに

シスターさんはそもそも嫁候補キャラではなく結婚できなかった

なんて言う思い出もあります

 

さて

つながる新天地

なんか、嫁候補も旦那候補もみんな好みでどうしようか……

ってぐらいキャラクターがみんなかわいくてどうしたもんかと。

とりあえずデータは2つ作るつもりでいます。

男主人公と女主人公で!!(笑)

 

 

今のところ

今のところは「クラウスさん」という調香師狙いでプレイしてるんですけど

 f:id:xiaoji6713:20170201001156p:plain

 

こんな感じのキャラクターです

 

他の旦那候補より多分おじさん年齢層が上の方ですね

このクラウスさん、初期段階で渡せるプレゼントがほんとになくて…

いや、なくはないんだけど

お気に召す物がないんですよ

 

そんなこんなで現在の旦那候補の好感度は他のキャラクターの方が上を行っている

謎の現象が起こってしまってる…

 

かなしい

 

早めに羊さんを飼えるようになれれば好感度モリモリ上げる作戦だって取れるのに

まだ初期段階で所持金が少なすぎて飼えない(笑)

 

牧場物語ってほんとに金持ってねえと何も出来ないゲームだからつらい(笑)

商品の出荷もいつでもできるわけじゃないので

きちんとやりくりしないとすごいひもじい目に遭ってしまう

なかなか楽しいです。そういうの。

 

そんなかんじで

今は割りと暇つぶしには困ってないです

勉強もしなきゃいけないし読みたい本もたくさんあるし

充実してるのかな?

 

銀河鉄道の夜の感想記事を書くのをサボってますが、

次はドストエフスキーの「罪と罰」もしくは「カラマーゾフの兄弟」に手を付けようと思ってます

難しそうだなあと思って敬遠してたんだけど

先日読んだ新書で激推しされてたので試しに読んでみます

ブックオフでくっそ安い値段で売ってたし(笑)

 

たのしみ。

 

ではそういうわけで

特に何もなかったという生存報告な更新でした

 

再見

来年は宅建取るのがめんどくさくなるらしい。

こんにちはさきです


今日は店休日なんでお休みです


ここんところ色々ありすぎて平均睡眠時間が6時間とかで
元々ロングスリーパーの私はすっかり寝不足で参ってしまいました……


中学卒業までは親のいいつけで
20時半就寝7時起きとかいうアホみたいな生活してました
「21時まで起きてるとヤンキーになる」的なことを言われて育った勢です。わけわかんねえな。

おかげで義務教育時代は友達の「テレビの話題」に全くついていけてませんでした…
テレビ大事。今うちに無いけど



さて



昨日知ったんですけど
前回「来年までを目標に宅建取る」とか書き散らしましたが
来年は民法が改正されるので来年とるなら新しいことを勉強し直さなきゃいけないらしいのです……


め、めんどくさー!


いやまあ、
いつ取っても実務で使うなら勉強し直さなきゃいけないことは確定なのでいいんですけど
それでもめんどくさいですよねぇ……

来年まで宅建の勉強先延ばしにして、今年は漢検と中国語やるか、
気合で漢検宅建取るか。

若干悩んでます。。。

あ、漢検を受けない選択肢はないです
夢を持って生きてない私の唯一の目標が
漢検1級を取りたい」なので(笑)
取ってどうするのって話だけど
高校時代ぐらいからずーっとある目標なのでしょうがないね


わたしは若干資格オタクっぽいところはあります
よくいえば好奇心旺盛なんだろうけどさ
持ってる資格にも目指す資格にも一貫性がないし
その割に受けた方がいい試験(TOEICとか)を受けてないし
苦手なものを避けすぎ感がすごく強いです
いつか受けなきゃなあ、とは思ってるんだよ。TOEIC
ただ、絶望的に英語が苦手でめんどくさいんだ。


そんなこんなで特に今日は何も無い休日の予定なので
久々にちょっと遊びに行こうかなあ……とも考えています

私が遊びに行く場所は
大抵カラオケ屋かゲーセンの音ゲーコーナーなんですけどね!!!!!!
友達がみんな土日休みなのにわたしは土日出勤がメインだから、一人で遊びに行かざるを得ない(笑)
つらたん


まあそういうわけだからそろそろ布団から出ようと思います
(:3[布団]=≡=-.∴Σ[布団]


それじゃあ
再見!

宅建士を取るかもしれないという話

どうもさきですこんばんは。

さっき仕事が終わりました。明日は早番です。

ヤバいもう寝なきゃ

 

今日はひたすら8時間チラシを作り続ける仕事でした

エクセルでチラシなんか作ったことなかったし、作ってみたら作ってみたで

画面上の配置と印刷プレビューがズレまくってるわで

結構苦戦しました

 

いっこ作っちゃえばあとはコピペするだけだったから

大学時代に入ってたサークルでやってたビラポスター作りなんかより

遥かに楽だったけど

 

それでも疲れた(笑)

 

 

そんなこんなで今日チラシを作ってるときに

校長(的な立ち位置の人)が私に唐突に

 

「さきさん漢検終わったら宅建士目指してみなよ~参考書あげる」

 

と言って問題集(しかも最新のやつ)を一冊くれました

無料配布の冊子だし、宅建士の講座は取る人が少ないから余ってたんだと思うんだけど

 

もともと

「別に今の仕事にも若干使えることだから取って悪いことはないし

ワンチャン正職に就くときに有利だよ!!!」

って言われてて

漢検終わったら取るつもりでいたんで

近々お願いして問題集か資料をいただくつもりだったんだけど

まさかこんなに普通にくれるとは思わなかった

ちょっとびっくり そしてちょっとうれしい

 

そんなわけだから

とりあえず来年度までの合格を目標に

宅建士の勉強をしてみたいと思います

 

むずかしいらしいけど独学でいけるかなあ…

建築系なんか縁がなかったし不安だなあ…

とは思いますが

 

でも医療事務だって(難易度は遥かに違うけど)独学でちゃんとやったんだし

できないことはない!!!!!!!!!

たぶん!!!!!!!1

 

というわけで頑張ろうって話でした

 

今日は個人的に今季で一番寒い日でした

原付乗ってて寒さで足が痛いとか久しぶりですよ

キーボード打つ手が動かないなんて久しぶりですよ

 

明日ちゃんと起きよう

 

それでは

 

再見!

(たまには大学時代の専攻の言葉で終わりの挨拶をしたかった。)